熱交換器スケール等のトラブルで困ったら

プラントのボイラーや工場の製造ラインといった現場では、それを稼働するために熱交換器が欠かせません。現場によっては24時間365日フル稼働しているケースもあります。そのため長期にわたる稼働によって、やがて様々な故障や不具合が目立ち始めます。例えば熱交換器スケールの蓄積によるトラブルなどは、その典型的なもの。

スケールが蓄積すれば、製造現場等で必要になる十分な熱量を供給できなくなり、生産効率も著しく低下することもあります。さらに放置し続けていれば、貫通割れのような破損やサビなどの腐食も拡大し、熱交換器そのものが稼働不能になり、製造ラインの停止に迫られることも、十分に考えられます。このようなリスクを回避するには、まず日頃からこまめに点検することが大事。その上で少しでも異常を見つけたら、速やかにメンテナンスできる体制を整えることが求められます。

その際には、熱交換器のメーカーのメンテナンスサービスを活用することも、有効です。そもそも予防的な観点を重視するならば、スケールの付着しにくい熱交換器の導入も検討すべきでしょう。例えば乱流促進構造を特長とするプレート式のタイプは、スケールが付着しにくいことで知られます。これは伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状に加工することで、意図的に流体を乱し、自己洗浄機能が作用するためです。

結果的にスケールの蓄積によるトラブルのリスクを低減する上、製品寿命も延ばすことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です