一般家庭の熱交換器で賄える電力

日本では今、空前の再生可能エネルギーブームが訪れています。2000年頃から会社や飲食店・商業施設などの屋上に、太陽光ソーラーパネルを導入する施設が多くなりました。その後現在では、一般家庭でも熱交換器を所有して自宅内の電力を賄う動きが強まっています。再生可能エネルギーといえば、ソーラー発電が代名詞のようなものでしたが、国土が狭い日本では効率が悪い発電法です。

熱交換器というのは、地熱を用いた発電を可能にする装置です。日本国内の会社が生産をしており、世界規模で見てもシェアが80パーセントとなっています。日本は世界屈指の温泉大国なので、地熱が豊富にあるのも多くの需要を得ている理由です。簡単に熱交換器の概要を見ていくと、地下100mの位置まで掘削をしてそこから湧き出る熱を吸収します。

その力を使って本体のタービンを駆動させれば、電気を生み出すことが可能です。一般家庭で1日どれくらいの電力を賄えるのかというと、約1、500kwhの電気を生産することができます。平均的な4人家族であれば、約半日分の電気というわけです。おもに夜間に発電をおこない、その時に生み出されたパワーを蓄電池に蓄えるというスタイルになります。

足らない分は電力会社から買うこともできるので、日常生活に支障をきたす心配はないでしょう。また余った電気は固定価格取り引きで売却することもでき、効率良く再生エネルギーを活用していくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です