熱交換器の利用で省エネを達成

家庭にあるエアコンは夏場に部屋の温度を下げるのに役立ちますが、このエアコンを動かしている室外器はかなり熱せられています。同じように、冷蔵庫は扉を開けると中のひんやりした冷気が出てきますが、機械の裏側はかなりの高温になっています。このような働きは、これらの家電に熱交換器というものが装着されているためです。この熱交換器は、熱の性質を利用して熱を移動させて家電にその働きを利用させているのです。

こういった熱に関する変化を求めるような家電ほかの大掛かりな施設では、熱交換器の果たす役割りには大きなものがあります。しかしながら、最初に熱そのものを作り出すことができるのは電力やガスなどのエネルギー資源そのものになり、熱交換器はそれを効率的に利用できるようにする補助的な器具ということもできます。この熱交換器のほかに圧縮機などを用いると、さらなるエネルギー交換が可能となります。これがヒートポンプと呼ばれるシステムです。

このパワーを利用したものが自動販売機なのです。産業用として使用されている例で代表的なものは、蒸気を発生するために使われるボイラーがあげられます。発生した蒸気はさまざまな方法で利用されていて、その一つには、ボイラーのほかにも水蒸気を冷却して水に戻す復水器で使用されたり、原子炉を循環する冷却水を沸騰水による蒸気タービンを作りだす際に用いられたりしています。そのほか、身近な所では車のラジエターやクーラーなどでも用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です