プレート式熱交換器のメンテナンスについて

優れた熱効率で知られるプレート式熱交換器のカギは、乱流促進構造にあります。これは伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状に加工し、意図的にプレート上の流体を乱します。その結果、流体の温度を均一化して、熱交換を妨げる膜の生成も抑止できるため、プレート全体に満遍なくスピーディーに熱を行き渡らせることが可能になります。さらにプレート式熱交換器で注目したいのが、自己洗浄機能を備えていることや、メンテナンスのしやすさです。

前述した乱流促進構造は、伝熱プレートにスケールが極力付着しないように作用します。そのため通常の熱交換器に比べ、スケールの付着による生産効率の低下や、故障によるトラブルの発生を低減させ、製品寿命を延ばすことにもつなげています。またプレート式は構成部品が少なく、可動部分もないシンプルな構造なので、メンテナンスのしやすさも大きなメリットです。もし定期点検やトラブルでメンテナンスが必要になっても、原因を速やかに判定し、スピーディーで短期間のメンテナンスで済ませることが期待できます。

これならば製造ラインを長期にわたり、ストップするような事態を避けることができるでしょう。もちろん熱交換器のトラブルよる様々なリスクを避けるには、普段から定期的な点検が欠かせません。同時に、不測の事態に備えて、メーカーの用意するメンテナンスパックに加入しておくことも重要になります。プレート式熱交換器のリーディングカンパニーであれば、設計ノウハウまで熟知した専門スタッフが、スピーディーなメンテナンスで美しい仕上がりを実現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です