プレート式熱交換器のメンテナンスでは

プレート式熱交換器は汎用性が高く、数々のメリットがあるため、あらゆる産業の現場で見ることができます。プレート式の大きな特長は、何といっても乱流促進構造です。これは伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状に加工することで、意図的に流体を乱して温度をまんべんなく均一化。その上、熱交換の妨げになる膜の生成も抑止するため、流体をプレート全体に素早く行き渡らせます。

つまり安定した熱量をスピーディーに供給することが可能になるのです。さらにプレート式で見逃せないポイントが、スケールが付着しにくい上、メンテナンスしやすいことでしょう。流体を意図的に乱す乱流促進構造は、伝熱プレートにスケールの発生を抑える、自己洗浄機能を果たします。またプレート式は構成部品が少なく、可動部分もないため、故障がしにくいとも言えます。

万が一メンテナンスが必要になっても、スピーディーで短期間のうちに完了することが可能です。とはいえ、たとえこのように優れたプレート式熱交換器であっても、長期にわたり稼働し続けていれば、どうしても故障や不具合などが目立ち始めるもの。そうなると製造ラインに十分な熱量を供給できずに生産効率が低下したり、最悪の場合には製造ライン自体の停止に追い込まれるもあり得ます。このようなリスクを回避するには、普段から熱交換器の定期的なメンテナンスを欠かさずに実施することが重要です。

さらにメーカーのメンテナンスパックも契約して、突発的なトラブルにも備える姿勢が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です