プレート式熱交換器のパイオニア

あらゆる産業分野の現場では、生産ラインをはじめボイラーや蒸発生成器あるいは復水器などを稼働するにあたり、熱交換器が大きな役割を果たしています。そのため現場によっては24時間365日フル稼働で、熱交換器をハードに使用しているケースも珍しくありません。このような重要な役割を果たす機器や設備を、長年にわたり開発と製造そして販売しているのが、大阪に本社を構えるこの会社です。ここでは1942年の創業からこれまで染色仕上機器を皮切りに、数々の優れた産業機器を世の中に送り続けています。

特に注目したいのが、プレート式熱交換器です。1953年に国内初のプレート式熱交換器の開発に成功したのが、実はこの会社。プレート式独自の乱流促進構造によって流体の温度が均一化し、さらに熱交換の妨げになる膜の生成も抑制します。結果的に、高い熱交換率を実現します。

プレート式の優れた点はこれだけではありません。伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状にし、意図的に伝熱プレート間の流体を乱すので、スケールが付着しにくいのです。この自己洗浄機能によって、スケールに起因するような不具合も発生しにくくなる上、余計なメンテナンスの回数を減らし、製品寿命を延ばすことにつなげます。また仮にメンテナンスが必要になっても、プレート式ならば可動部分もなく、構成部品も少ないシンプルな構造のため、スピーディーな短期間でのメンテナンスを可能にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です