Skip to content

占いの種類や活用方法

占いにもいろいろありますよね。血液型から星座、風水、手相、動物占いなんていうのも流行ったりしました。ことさら恋愛をしていると、すごく気になり、朝のニュースの最後にある占いに書いてあることをしっかりとチェックし、ラッキーグッズをしっかりと身につけて、家を出るということもあります。街には占い師さんが占ってくれるお店もあったりします。

恋愛や仕事、将来、人間関係、いろいろと悩みはつきものなので、なにか救いを求めるように占ってもらうこともあるでしょう。占ってもらうというよりは、その悩みに対してのアドバイスをもらう、どう対処すればいいか教えてもらえるという利点があるので、多くの人が利用するのでしょう。そもそも悩みを誰かに聞いてもらうだけで、その悩みは少し小さくなります。どうしようもなく悩んで胸が苦しかったり、解決方法が見つからないと感じてしまうときは、占ってもらうのもよい手段だと思いますし、占ってもらうことによって、先が見えたり、気持ちが軽くなったりするかもしれません。

その代わり、悪い結果は信じない、忘れてしまうという心の強さも必要かもしれません。いいことばかり言ってくれる人だけではないでしょうから、より悩みが深くならないように、できそうなアドバイスだけ聞いて実行するという割り切りも大切だと思います。当たるも八卦、当たらぬも八卦という言葉があるように、占いの結果にあまり気負いすぎないように程よく活かしていけばよいのではないでしょうか。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です