観光施設で導入したい熱交換器の概要

新聞やニュースでは、毎日のように再生可能エネルギーという言葉を見聞きすることになりました。2000年以降、世界各地で地球温暖化の影響が顕著にあらわれており、日本では毎年夏になると巨大台風による被害がたくさんでています。これも環境が変化したことで発生したおり、今後は温室効果ガスを発生させない取り組みを国民一人ひとりが意識をしないといけません。再生可能エネルギーの場合、何度でもリサイクルができるエネルギーです。

これは温室効果ガスを発生させることがないのでグリーンエネルギーとも称されているほどです。政府では新しく設備を導入する方に向けて、補助金の支給も開始されました。一般的なのが太陽光パネルですが、国土が小さい日本では生活を賄えるほどの電力を生み出すには、非効率n設備です。日本は世界有数の温泉大国であり、この温泉の力を利用した熱交換器を導入して電力を生み出すのが良いでしょう。

特に観光施設への導入を政府では指導をしており、2021年1月時点で約28万件ものホテル・旅館が導入をしているほどです。ここで簡単に熱交換器の概要を見ていきますが、地下100メートル付近まで穴を掘り、そこから発生する地熱を使って本体のタービンを駆動させるわけです。熱交換器には蓄電池も備わっているため、発生する電力を蓄えておいて夜間や非常時に使用することもできます。今後は大手ホテルでは、事業開始時に熱交換器を設置することを義務付けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です