熱交換器の意味と具体的な活用事例

熱交換器とは、熱エネルギーを温度の高いところから低いところへと移動、もしくは低いところから高いところへの移動をすることで、冷却したり加熱する機能を持つもののことです。物体や物質を冷却したり、加熱したりさせることを目的に使うものなどが当てはまります。熱交換器の中で良く使われるのはボイラーでしょう。これは高温ガスなどを利用して熱源としたり、水などの液体を加熱することにより温水や蒸気を出す。

要するに蒸気や温水を作ることを目的とした機械になります。蒸気タービンなども、水蒸気を利用して駆動するため、熱交換が使用される例です。こうした大掛かりな機械の他にも、一般家庭では水道やお風呂の給湯器、ヤカンやストーブ、冷蔵庫など、いつも使っている熱伝導を利用した物も立派な熱交換器になります。夏場や冬場はもちろん、毎日入っているお風呂にも使用されてい流のです。

みなさんが普段使ってるパソコンに入っている冷却ファンも、一種の熱交換器の一種になります。自動車に乗っている方は、エンジンのラジエーターも該当します。冷却することでエンジンの温度を保つというのも、重要な役割なのです。温度を変えるのではなく、一定にするという使い方になるのです。

このように、熱交換器というのはどこでも活躍しているもの。発電所はもちろん、空調などの温度管理用のインフラとしても利便性が強い道具なのです。熱の実用性はないですが、部屋のLEDライトも熱を出す機械なので、広範の意味では該当するでしょう。熱交換器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です