マルチサイクロンの主なメリットとは

食品や化学薬品を工場で製造するときには目に見えないような微細な粉塵が出ることも多く、焼却炉やボイラーなどは煤煙が発生するのでそのまま放出すると、火災や大気汚染の原因となります。粉塵や煤を取り除くためには集塵装置が必要で、これには電気式・フィルター式など色々あります。その一つにマルチサイクロンがあって、これは尖った部分を下にした円錐形をしており、円錐の内側に気流を吹き付けます。上から吹き付けられた空気が円錐に沿って、螺旋上に降下していくときに浄化をされて一番下まで来ると反転上昇し排出します。

粉塵を取り除くには気流の速度調節が大事で、サイクロン式だと構造は割と簡単にできていて、メンテナンスもしやすくて、初期にかかるコストやランニングコストも安価なのがメリットです。高音の排気や発火性の粉塵も扱えるのも利点ですが、規模が大きくなると集塵の効率が下がります。大量の排気の浄化だとマルチサイクロン式を使い、このマルチサイクロンは多くのサイクロン式を並列に繋げて効率性を保ったままで大量の排気を処理できます。耐久性も高く応用性もあり、製造工場や廃棄物処理場でよく利用されてます。

ちなみに身近なものだと家庭で使うマルチサイクロン式の掃除機があり、これはゴミや埃を吸い込むと渦巻状の遠心力をかけて、清浄な空気とゴミ・埃をわけて分別することが出来ます。そのため紙フィルターが不要で、ごみや埃が溜まってきても吸引力が落ちないメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です