マルチサイクロンが高い集塵効果を得られる原理

マルチサイクロンは高い集塵効果を得ることができるものとして注目されており、またその仕組みは掃除機にも利用されていることから非常に身近なものとなっています。しかし、その効果を得ることができる原理はあまりよく知られていません。場合によっては1台の強力なサイクロンの方が効率が良いのではないかと考える人も多いのですが、吸い込みを行う機能が独立しているばかりではなく、個別にメンテナンスを行うことができる点にも大きな要因があります。大型の1台のサイクロンで吸い込みを行う場合には、強力な吸い込み力を発揮しますがフィルターが目詰まりしてしまった場合にはその能力が極端に低下すると言うデメリットを持っています。

また、メンテナンスを行う場合にはこれを提示しなければならず、その間は集塵効果を期待することができません。工場などで利用する場合には稼働を停止しなければならないことになり、製品の生産能力に大きな影響を及ぼします。工場の場合にはいちど稼働を停止するとこれを再開するために時間を要することも多いため、できるだけ操業を停止せずに継続して運転をすることができることが重要な要件となっています。マルチサイクロンの場合には複数のサイクロンが動作しているため、1台が目詰まりを起こしても外を稼働させながらそのメンテナンスを行うことができるのが特徴です。

掃除機の場合にはそれでも全てをいちどにメンテナンスすることが多いのですが、工場で利用される集塵機の場合には個別に行うことで稼働を停止させる必要がありません。そのため非常に効率よく利用することができるものとなっており、マルチサイクロンが利用される要因となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です