マルチサイクロンは高い集塵効果が得られます

工場内で作業をする際には、様々なほこりや油汚れなどにも十分に注意をしなければなりません。これらのものを作業者が吸い込むと健康被害を被ってしまう恐れがあるほか、床に落ちると滑りやすくなってしまい怪我をしてしまう危険があるためです。多くの工場ではこれらを飛散させないようにするために集塵装置を導入していることが多く、効果的にこれらを除去する仕組みを整えていますが、一般的には一定の時期になるとフィルター交換のためにこの装置を停止させなければならず、場合によっては作業そのものを停止することになるため稼働率が低下するのが問題となっていました。この集塵装置は大型のサイクロン装置であることが多いのですが、使用し続けるとフィルターが目詰まりし定期的に交換をしなければならないといった状態となることが少なくありません。

しかし最近ではマルチサイクロンを利用することも非常に多くなっており、これが高い効果をあげています。マルチサイクロンは複数のサイクロン装置を組み合わせたものとなっており、それぞれ個別にフィルターが取り付けられていることから、1つのサイクロンが目詰まりをしても他のものがその機能を発揮することから、集塵効果を極端に低下させることなく継続して使用することができるのが特徴です。さらにマルチサイクロンの場合には個別にフィルター交換をすることができるものも多く、交換中でも集塵機を作動させておくことができるので作業を停止する必要がありません。そのため高い集塵効果と作業の継続性を得られるものとして注目されており、導入するところが多くなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です