意外と知らない影のヒーロー「マルチサイクロン」

皆さんはマルチサイクロンを言う言葉を聞いた事があるでしょうか。マルチサイクロンは、強力な旋回気流で粒子を分離する遠心力式集塵機で、水中から汚れや異物などを取り除く際に使用される事が多いです。化学品工場や食品工場で頻繁に活用されており、金属加工工場などでも大活躍しています。製造業の現場では、複数の物が混ざっている中から、特定に種類の物だけを取り出す作業でよく行われています。

製品のメリットはメインフィルターのメンテナンスを最小化し、節水の効果があるとともに、ろ過材の洗浄や交換は不要なので管理がしやすいです。また、最大20ミクロンの微細な汚れまで除去できるので性能も文句無しです。
この装置は筒状の形をしており、上部の方の太さはほぼ均一ですが、下部の方は下に行くに従ってやや細くなっています。異物を含む水はこの装置に取り込まれた後、サイクロン部に流れ、複数のサイクロンが配置されている箇所に移動します。

この複数のサイクロンの部位で激しく回転して強い遠心力が発生し、水中に含まれる異物がここで分離されるのです。ちなみに取り除かれた異物は下部にある透明なタンクに落ちる仕組みになっています。また製造業以外にも、汚水処理場や汚泥処理場などでもマルチサイクロンが役立つ場面が多いです。処理をおこなうことで、より水質が良くなり砂ろ過にかかるコスト削減も見込めます。

水不足が今後加速する中で大活躍するシーンが訪れるかも知れません。マルチサイクロンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です