熱回収のメリットについて

熱回収のメリットはだいたい文字通り明らかでしょう。今までならそのまま環境中に捨ててしまうだけだった熱をうまく回収し、有効に活用することを指します。熱を発生させるにはエネルギーが必要ですから、うまく回収して有効活用することにより省エネルギー、省資源化が図れるわけです。別に、この熱回収は何か非常に新しい概念や発想というわけでもなければ、何か全く新しい装置や機器を必要とするようなものでもありません。

例えば、従来からあるボイラーでも熱回収の仕組みを取り入れたものがあります。ボイラーは、化石燃料などを燃焼させることで熱を発生させ、水を水蒸気に気化させてその圧力を利用して何か別の仕事をさせようとするものです。ボイラーを利用すると、水蒸気の他に、燃焼そのものによる二酸化炭素などの排気ガスも発生します。当然ながらこの排気ガスはかなりの高温であり、何かに利用できないかと考えることになるわけですが、最も分かりやすい再利用法は、ボイラーに投入する水自身を前もって暖めておくことです。

水を水蒸気にするためには熱が必要ですが、それは当然冷たい水から始めるより、ある程度暖められた水から始めるほうが早く効率的だからというわけです。このような仕組みはボイラーが使われ始めた頃より考案されており、燃料である石炭を節約できる機器という意味の名称で呼ばれることもあるくらい、相当に古くからあったことが名前からも分かるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です