熱回収の利用について

熱回収と言われても分かりにくいかもしれませんが、これは一種の廃棄物削減というか資源の有効活用手段で、ゴミをただ単に焼却処分するだけでなく、焼却の際に発生する熱を回収して有効に利用することを指します。ですから、対象となるゴミは可燃物である必要があり、金属やガラス、コンクリートなどは熱回収の対象にはなりません。ごく単純なところで言えばたき火のようなものもある意味で熱回収であり、家庭から出る可燃ゴミを燃やしてちょっとした暖を取ったり、場合によっては焼き芋や焼き栗などを作ったりした経験のある人もいるかもしれません。ですが、ある程度以上の規模で行おうとするとこれでは十分な有効活用とは言い難いでしょう。

考えられる有効活用としては、十分な高温が安定的に得られるのであれば、その熱を利用して工業的に素材加工などを行うことが考えられます。ガラスを加熱して思い通りの形に加工したことがある人もいるかもしれませんが、そのイメージです。そこまでの高温でない場合にも、水を加熱して湯にすることができるのであれば、温浴施設に湯を供給するという方法もあります。ただ、熱そのままではどうしても地域限定での消費となり、大規模に熱を生み出したところで使い切れず無駄に終わってしまうことも多くなるかもしれません。

その場合はボイラーを利用して発生した水蒸気でタービンを回し、発電する方法が考えられます。発電して電力網に供給することにすれば利用し切れないという無駄は発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です