熱回収システムの活用方法

工場などの製造現場では、加熱処理を行ったり機械を稼働させる際などに多くの熱が発生します。従来は発生した熱は大気中や海中などに捨てられていましたが、熱回収を行ってサーマルエネルギーをリサイクルするケースが増えています。最近は熱回収装置の性能が向上し、少ないエネルギーでも常温に近い低温熱源でも効率的に熱エネルギーを集めることが可能になりました。そのため、多くの事業所でサーマルエネルギーのリサイクルシステムが導入されています。

熱回収システムを使用して集めた熱エネルギーは、多くの用途で用いることができます。シンプルな装置であれば、回収した排熱をエアコンの熱源に再利用する方法があります。エアコンの熱源に再利用すれば電気代やガス代などが節約でき、経費節減につながります。冷熱式の冷凍機は高温の熱源を使用して低温を作り出すことができ、ガスを燃焼させるなどして熱が作られます。

最近は回収した排熱を利用することで消費電力を抑えた省エネ型の冷凍機が開発されており、オフィスビルなどに設置されたコンピュータから排出される熱で建物の冷房を行うことが可能です。発電やその他の目的でボイラーや蒸気式のタービンを使用する事業所でも、熱回収により得られたエネルギーを再利用することで燃料代を節約する方法があります。熱回収システムによって得られる高温熱源を使用して予熱を行った温水をボイラーで加熱すれば、燃料や電気の節約になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です