熱回収のメリットについて

熱回収とは別名サーマルリサイクルとも呼ばれ、廃棄物を焼却し、発生する熱を回収して有効利用することを指します。このメリットは、少なくとも廃棄物をそのまま埋め立てに回してしまうとか、あるいは焼却するだけで別に熱を有効利用しないことに比べると明らかです。熱を活用できる限り、その分だけ電気やガスを利用して熱を発生させる必要が削減され、結果として省資源、省エネルギーになるのがメリットであるのは言うまでもありません。一方で、何でもかんでも熱回収するのは考え物です。

多くの製品では、それを作るために使われるエネルギーのほうが、熱回収で得られるエネルギーよりも大きいです。そのような場合はサーマルリサイクルをまず始めに考えるのではなく、その製品をそのまま再利用できないかを考えたほうが効率的となります。いわゆる再利用であり、一般に理解されているリサイクルの概念が当てはまります。ただし、実際には問題はより複雑であることも多いです。

熱回収の場合は、燃やしてしまうのですから分別などをあまり厳密に考える必要がありません。一方で再利用するためにはしっかりと分別しないと、別のものが混じると困難になることも多いです。つまり、分別に要するコストやエネルギーも含めて物を考えないといけないというのが一つの例です。また別の観点では、燃やすと発生するのは熱だけではないということもあります。

例えば有毒ガスが発生するような場合、そのマイナス面も考えなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です