排熱利用の方法について

排熱利用とは、廃棄物を焼却したときに発生する熱を有効活用することを指します。廃棄物を焼却するのは、かさを減らすという意味で自治体のゴミ処理でも広く一般的に行われていることですが、焼却すると熱が発生するのにそれを無視してただ燃やすだけでは勿体ないという考え方が排熱利用の根底にあります。ですが、熱というのは物理学的に見ると決して利用しやすいエネルギー形態とは言えません。また、安定的に、強力な熱が得られるのであればともかく、排熱利用の場合には安定的に廃棄物が得られるとは限りませんし、また種々雑多な物が混入していて強力な熱が常に得られるとも限らず、これも利用を難しくしている原因になっています。

しかし、地球環境や資源問題を考えると、このような排熱も無視はできません。そのため有効な利用方法がいろいろと模索されています。熱そのものは発生場所から遠方に運ぶことがなかなか困難ですので、地域的な暖房とか、水を加熱してお湯を沸かすことで入浴施設を作るといったことがまず思い浮かび、実際に利用されています。ですが、暖房は冬はともかく夏には全く不要ですし、温浴施設で使うお湯の量もあればあるほどありがたいというものではないでしょう。

そのため、ある程度規模が大きくなるようであれば、熱を電気の形に変えて送電や売電できることが有用となります。即ち、原理的には火力発電と同じ仕組みをここの排熱利用に取り入れることになるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です