ヒートポンプによる排熱利用について

現在、省エネルギー化への関心は以前にも増して高まっていますが、単にエネルギー消費を抑えるだけが省エネ対策ではありません。近年では、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーの普及も進んでいますが、排熱利用も省エネ化に大きく貢献します。排熱とは、冷暖房や工場、自動車などでのエネルギー消費によって排出される熱のことを指します。従来、このような排熱は利用されることなく放出されていましたが、この熱を活用するのが排熱利用です。

例えば、自動車の暖房はエンジンを稼働させる際に発生した熱を利用していますし、自動販売機で売られているホットの飲み物はコールドの飲み物を冷やす際に発生した熱を利用して温めらています。このように、排熱利用は私たちの身近なところでも利用されていますが、この技術に欠かせないのがヒートポンプという装置です。40℃以上の排熱の場合、蒸気熱源に利用したり、暖房や温水の熱源として利用したりするのは比較的容易ですが、40℃以下の排熱においてはヒートポンプが活躍します。ヒートポンプとは、空気や液体などが持つ熱を集めることができる装置です。

ヒートポンプを稼働させるのにも電力を消費しますが、使用するエネルギーよりも得られる熱エネルギーの方が大きいため、エネルギーを有効に活用することができます。また、温室効果ガスの排出量も削減できることから、地球温暖化の防止にもつながります。ヒートポンプを使用すれば、10~40℃の低温の排熱であっても活用できるようになるため、限りあるエネルギー資源を有効に使用しつつ、地球温暖化防止につなげることが可能です。排熱利用のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です