熱交換器のしくみとメンテナンスの必要性について

熱交換器はさまざまな機器に応用されています。家庭にあるエアコンや給湯器、自動車の冷却システムに用いられていますが、普段はあまり意識することはないのですがとても重要な機器であることには間違いありません。熱を帯びている物質は熱エネルギーを持っていますが、このエネルギーは物が高いところから落ちるように、熱エネルギーも高いところから低いところへと移動する性質があります。配管に温度の高いガスや液体があって、その周りに常温のガスや液体で満たされた管を近づけると熱が移動します。

この現象を応用しているのが、エアコンや給湯器や自動車であります。熱交換器は効率を上げるために液体などを通す管のサイズを小さくする傾向があるものの、内部にスケールなどの固着物が溜まりやすく、閉塞につながっています。機器を長く使っていくためにはメンテナンスが欠かせませんが、交換器においても同様です。メンテナンスは機器内部の作業になるため、主に専門家による対応となっています。

内部に流す液体の性状から蓄積されやすい物質が特定されますので、それに応じた洗浄方法となります。作業では機器の停止が必須でありますので、工場などで工程の見直しや代替え作業が生じることもあるでしょう。こうした影響があることが避けられませんが、導入している機材を長きにわたって効率よく運用していくことは、事業者や所有者にとって非常に有益であります。実際の熱交換器のメンテナンス作業の前には担当者と綿密な打ち合わせを行って、発生される影響をできるだけ抑えられるようにすべきであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です