熱交換器の原理とそのメンテナンスについて

熱交換器は、エアコンや給湯機器に採用されている重要な部品であります。熱エネルギーが物が高いところから低いところへと落ちるように、温度の高いとことから低い場所へと移る原理を応用した部品です。交換器を流れる液体と、熱を移そうとする液体とを直接触れ合うことなく推移させることができることから、衛生的にも安心な手法として知られています。熱交換器は使用しているうちに管内部を通る液体に含まれる不純物や腐食によって、目詰まりを起こすことがあります。

詰まるまでにはいかないものの液体の流れが滞ってしまって、熱源体が本来持っている熱が対象配管内の液体へ十分に熱交換されなくなってしまいます。交換器が取り外すことができるような大型機器では、一時的に撤去したものを直接内部洗浄が可能でありますが、小型のものや一体型になっている機種ではそうはいきません。この場合は、一時的に機器を停止させてから、管内に洗浄用の溶液を通過させて汚れや付着物を取り除くメンテナンス方法が採用されます。このメンテナンス方法では、管内のスケール除去に最適な除去剤の選定が不可欠でありますが、こうした作業を専門に行っている業者であれば、的確な判別と選定が期待できます。

また、洗浄だけでなく、金属配管の内部表面のトリートメントとして処理液による被膜形成を促す方法がとられることもあります。この熱交換器のメンテナンス方法では、従来では洗浄がなされても管内部が腐食してしまって、かえって器具の故障の原因になってしまったといった不具合発生の懸念がありません。洗浄だけでなく被膜による保護層の形成は機器の長寿命にも貢献するため、効率アップだけでなくライフサイクルコストの改善にも寄与します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です