プレート型熱交換器のメンテナンス

プレート型の熱交換器は、金属の板がいくつも重なって層となっています。そしてその中を流体が通ることで温度をコントロールするわけですが、その流体の中には色々なものが含まれていることが多く、長期間熱交換器を使用していくと、プレート部分に蓄積されていきます。そうすると熱交換の効率が悪くなったり、蓄積されたものが流体の中に塊として流れてしまう恐れがあります。そのような症状が発生する前に、メンテナンスをしなければなりません。

またプレートの間は流体が漏れ出てしまわないように、弾力のあるガスケットが使用されています。そのガスケットは消耗品で、時間が経過すると弾力性を失います。それでも使い続けるとひびが入り、熱交換器としての役割が果たせなくなります。したがってそのガスケットの交換も、メンテナンスのメニューに含まれます。

基本的にプレート型の熱交換器は、メンテナンスのことを考えて分解がしやすいようにできているものです。その仕組みに則って外すと、プレートを1枚ずつ洗浄することができます。ジェット水流を当てたり、汚れを落とす薬液に浸すといったことも容易です。そうして洗浄が完了すれば、ガスケットを取り付けて組み立てるだけです。

ガスケットはよほど新しいものでない限り、同じものを使い回すことは止めておいた方が良いです。その作業は専門家に依頼するという選択肢もありますが、専門家でなくても行えます。ただ専門家は簡単には落ちない蓄積物にも対応できたり、メンテナンス後のトラブルに繋がるリスクが低く済むといったメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です