予防のための熱交換器のメンテナンス

熱交換器はプレートや配管の中に液体を流して、その外側にある機体との温度差によって熱エネルギーを交換するものです。一般的に知られているものとしてエアコンやオイルヒーターなどがあります。中でも循環する液体に水を使っているような場合は注意が必要です。水にはいろいろな成分が含まれていますが、石灰成分は配管やプレートの内側に蓄積して、流れを阻害することがあります。

最悪な場合には全く流れなくなって、故障につながることもあります。そうなることのないように予防的に行うメンテナンスが必要です。熱交換器が正常に動かなくなると、熱エネルギーが交換されないので、期待通りの温度にすることができなくなります。そうなる前に効率が低下するので、気がつくことができるかもしれませんが、その時には手遅れになっている恐れがあります。

定期的なメンテナンスはこのようなトラブルの予防につながります。完全に止まってしまってから修理することもできますが、その間利用する工程や場所は使うことができなくなります。それは損失につながったり、人を不快にさせる恐れがあります。避けられるなら避けた方が良いでしょう。

だからと行って熱交換器のメンテナンスは、どれぐらいで実施すれば良いかという指標はありません。使われる用途や規模、構造によってメンテナンスの頻度は異なります。大きく複雑なものほどこまめに実施した方が良いでしょう。年次でどれぐらい行うかはしっかりと決めておいた方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です