プレート式熱交換器のメンテナンスについて

プレート式熱交換器は、軽量・コンパクトであることに加えて、プレート枚数を増減することで熱交換能力の変更が可能といった特徴がありますが、長期間にわたって安定して稼働させるには定期的なメンテナンスが必要です。定期的なメンテナンスを怠ると、熱交換効率の低下や2液混合、液漏れなどの不具合につながる恐れがあります。プレート式熱交換器のメンテナンスは、専門の業者に依頼するのが一般的です。プレート式熱交換器は、長期間使用していると内部にスケールと呼ばれる水に含まれるミネラル成分が付着します。

スケールが蓄積していくと熱交換効率の低下を招くため、定期的にスケールを除去することが大切です。スケールは非常に硬く簡単には落とせませんが、プレート式は比較的分解が容易であるため、全てのプレートを外して1枚1枚洗浄する分解洗浄を行うことで、スケールを落とすことが可能です。また、長期間使用することでプレートにクラック(小さな穴やひび割れ)が生じると、2液混合が起こる恐れがあるため、分解した際にはプレートの劣化状況も確認され、必要に応じて新しいものへと交換されます。なお、スケールを落とす方法には分解洗浄だけでなく、内部に専用の薬液を注入して循環させることでスケールを落とす無開放洗浄と呼ばれる方法もあります。

また、プレート式熱交換器に使用されているガスケットはゴム製の部品なので、長期間使用していると劣化によって脆くなったりひび割れが生じたりします。劣化したガスケットを放置すると液漏れを起こす恐れがあるため、ガスケットは定期的な交換が必要です。プレート式熱交換器はメンテナンスを怠ると本来の性能を発揮しないばかりか、トラブル発生のリスクが高まります。その結果、設備の停止につながって大きな損失を招くことになる可能性もあるため、定期的にメンテナンスを依頼することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です