熱交換器のメンテナンスについて

熱交換器を長期間の間、正常に作動させていくには定期的なメンテナンスが重要です。方法は大きく分けて2種類あって、メーカーに依頼して行ってもらう方法と自分たちで行うやり方です。前者は内部洗浄やガスケット交換やプレートの入れ替えになります。ガスケットはゴム製なので、長期間の使用でひび割れのような劣化が起きます。

どのような条件で使用されたかによって違ってきますが、高温状態でつかった場合は寿命が短くなる傾向が強いので注意が必要です。プレートは新しいものと入れ替えて、使っていたものは次回のメンテナンス時に取り付ける方法が一般的です。こうすれば機械を停止させる時間を短く出来るので効率的といえます。内部の洗浄は取り外して行う方法や、内部洗浄専用のユニットを使って作業します。

内部洗浄は専門の会社に依頼しないで、あまり汚れなどが付いていないのであれば自分達で行う事も可能です。ここで注意したいのが、汚れに合った洗浄液を使用するということです。作業自体はそんなに難しくはないので、正しく行えば経費を浮かす事ができます。熱交換器のメンテナンスをあまり行わないでいると、いろいろなデメリットが出てくるので注意が必要です。

不純物が溜まる事で、エネルギーのロスが起きて最悪の場合は塞がってしまう可能性があります。最悪の場合は設備停止を招く可能性もあり熱交換器の寿命を短くするので、必ず行わなくてはいけません。調子が悪ければ、すぐにメーカーに連絡するのが鉄則です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です