金属の洗浄に欠かせないアルカリ洗浄液

アルカリ洗浄液は、金属用水系の洗浄剤として一般的に使用されている洗浄液です。アルカリ洗浄液の主な成分は、水酸化ナトリウムやメタケイ酸ナトリウム、炭酸ナトリウム、リン酸ナトリウムなどのアルカリ金属水酸化物や水溶性のアルカリ金属塩などとキレート剤や金属表面の吸着力が弱いノニオン系界面活性剤などが含まれています。金属の水系洗浄では金属を洗浄する工程からリンスする工程にかけて、洗浄した金属の腐食を防止することを目的としたPHの洗浄液を選ぶ必要があります。しかし、金属の中でも鉄系の材料を洗浄する場合にはある程度高いPHの洗浄液を使用するとよいとされています。

これは、プレス油や切削油、防錆油などを除去するとともに洗浄してから化成処理を行うまでの工程で腐食が発生してしまうのを防止することができるためです。したがって、同じ金属でも洗浄を行う金属の種類によって適切なPHの洗浄液を選んで使用する必要があるのです。近年のアルカリ洗浄液は、湖や沼、内湾などの富栄養化の原因となるリンや窒素の排出規制が強化されてきている観点から、リンや窒素を含まない洗浄液が開発されてきています。リンを含むアルカリ洗浄液の代替え品として、メタケイ酸ソーダに代表されるケイ酸ソーダを使用したアルカリ洗浄液が注目されていますが、洗浄液を使用する際に液体からケイ酸ゲルが分離したり付着することがないようにPH管理を徹底することが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です