デスケーラーを利用するケース

工場、プラントなどでスト水を流す配管、熱交換器が必ずあります。給水、排水、熱交換は純水ではありません。水道水、井戸水ですとカルシウムはもちろん、マグネシウムなどいろんな不純物が含まれています。この不純物が水垢となったりしてスケールとして堆積していき、配管の内側に付着するだけでなく配管の内側に堆積していき、配管に流れる流量を少なくしていきます。

また、熱交換器ですと流量が少なくなると熱交換の効率がダウンしていきます。配管、熱交換器のスケールを除去するのがデスケーラーです。デスケーラーを水に溶かして流すことで配管に堆積したスケールを溶かしていきます。管内に堆積した固体化したカルシウム、マグネシウムを溶かします。

ただ流すのではなく、デスケーラーを配管内に一定時間循環させてスケールを溶かします。そして最後に水を流していきます。デスケーラーは強酸性の液体です。以前でしたら皮膚に付着すると皮膚が肌荒れを起こしたりしますし、金属を溶かすケースもありますので使用には注意が必要でした。

しかし、近年はかなり改善され、薬剤で中和する処理は必要なくなり、使用後は水で洗い流すだけでよくなりました。配管、熱交換器は流量がダウンするとエネルギー効率が大きくダウンします。配管の交換、分解清掃によるメンテナンスが昔からのやり方でしたが、デスケーラーを使うことで交換、分解清掃もなくなり、作業も簡単にできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です