スケール除去は堆積する前に行うことが大切

浄水場で浄水処理され、各家庭や工場などに送られているきれいな水でも、完全に不純物が取り除かれているわけではありません。水の中には炭酸カルシウムや硫酸カルシウム、シリカなどが含まれており、年月を重ねるごとに配管内や設備機器などに白っぽく堆積します。これを「スケール」と言います。スケールが原因で他の不純物である錆などが堆積しやすい状況となり、どんどんと悪循環に陥ってしまいます。

当然、水の通り道は細くなり流れは悪くなります。設備機器の代表としてクーリングタワー(冷却塔)がありますが、熱交換を行うフィンの部分にスケールが付くと効率が急激に悪くなってしまうのです。定期的にスケール除去を行わなければ、私たちの快適な生活が損なわれてしまうことになります。設備業者や管理業者に相談し、スケール除去をしてもらいましょう。

施工方法は、管内を高圧洗浄機で圧力を掛けてスケールを洗い落とす方法があります。比較的コストが掛からないメリットがありますが、固着したスケールを落とすことが出来ませんし、一気にスケールが剥がれ落ちたことにより新たに漏水が起こる可能性が出てます。他に薬品を使ってスケールを溶かす方法もあり、高圧洗浄機よりきれいになるメリットがありますが、コストが高くつくのと薬品の濃度を間違えると配管のみに限らず設備にも悪影響を起こしてしまう可能性も考えられます。いずれにしてもスケール除去は手遅れにならない早い対応が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です