広尾の幼児教室で成長させよう
2019年7月21日

0歳から幼児教室に通おう

本当の頭の良さとは、知能指数の高さではないことを知っているでしょうか。

知能テストは練習を重ねることによって得点をアップさせることができますが、それだけだと脳の働きの一部しかわかることができないのです。

頭のよさとは、脳のさまざまな部分を使いこなせるということなので、総合的に脳を鍛える必要があります。生きていくために必要な力とは、問題の本質を見抜く力やその解決方法を考える力、そしてその考えた内容を実際に行動する力です。これらの力を身につけるためには、0歳の頃から幼児教室などで大脳の前頭連合野を繰り返し刺激することがポイントになります。なぜ0歳から幼児教室に通うことが脳にとって有効なのかというと、生後すぐから3歳までが脳の一番の成長期だからです。脳は生まれてから3、4歳くらいまでに急速に発達し、5歳以降は緩やかな成長になります。

人間が生きていく上で必要な記憶力や思考力、判断力などを司るのが前頭連合野であるので、0歳の頃からその部分をしっかり鍛えて、基礎を作っておくことが大切です。前頭連合野を鍛えるには、特に1歳前後に刺激することがカギとなっています。脳の神経細胞をつなぐシナプスは1歳前後に急速に発達するので、その時期に幼児教室に通って刺激することが有効です。手を使う、体を動かす、感覚を鍛えるなどの刺激を繰り返すことによって、脳を鍛えることができるからです。したがって子どもが生まれる前から自宅の近くに0歳から通える幼児教室があるかを調べておくのがいいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *