広尾の幼児教室で成長させよう
2019年6月21日

1歳児の特徴と幼児教室について

1歳児はどのような特徴があるかというと、0歳児に比べて起きている時間が長くなり活動する範囲が広くなります。

それによって自我が芽生え、言葉が発達し、運動能力がアップします。自我が芽生える1歳児では、親の言うことを理解するだけでなく、親の表情を理解できるようになります。したがって、注意をしたり、物を取り上げたりすると、反発的な行為をすることもあります。言葉の発達では、意味を持つ言葉を少しずつ話すようになります。

短くてわかりやすい言葉で話しかけてあげれば、親の言うことも理解できるので、コミュニケーションがとりやすいです。1歳を過ぎると歩ける子が増えてくるので、歩くのが楽しい時期でもあります。また手指も動かせるようになるので、細かいものをつまんだり、離したりすることができるようになります。これによって型にはめるパズルや紐を引っ張って遊ぶおもちゃなどに夢中になる時期です。

1歳児は脳も身体も基礎的な部分が出来上がってしまうので、それをいかに伸ばしてあげるかがポイントになります。それの手助けをしてくれるのが幼児教室です。幼児教室では、子どもにとって必要な「話す」「紙に書く」「手指を使う」などの効果的な動きを指導してもらうことができるからです。また幼児教室に通うことは、親にとっても有効であるといます。最近は幼児教育に熱心が親が多いですが、ネットだけの情報だけだと不安に思ってしまう場合があるので、そんな時は幼児教室に通うのがいいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *