広尾の幼児教室で成長させよう
2019年6月18日

1歳児クラスの幼児教室では親も子育ての勉強になる

1歳前になると伝い歩きができるようになり、積み木などで遊ぶこともできるようになるのではないでしょうか。

子どもを健やかに発達させたいのであれば、伝い歩きをたくさんさせてあげることは有効です。しかし自宅でどんな準備をすれば、たくさん伝い歩きをさせることができるのかわからない場合もあります。他にも赤ちゃんが少し危険なものを手にしてしまったので、取り上げたら泣いてしまったという経験を持っている方も多いのではないでしょうか。

このケースで赤ちゃんを泣かせないまま危険なものを取り上げる方法があります。これらのノウハウを持っているのは幼児教室なので、1歳前後になったら幼児教室に通うのが最適です。幼児教室では1歳前後の子どもが遊ぶのに最適な積み木の種類などもアドバイスしてもらえるので、有効的に活用すれば子育てがもっと楽になります。1歳前後の子どもを指導している幼児教室のレッスンでは、言葉の発達を促すカリキュラムや指先の器用さを向上させるカリキュラムを行っています。

さらに1歳前後になると大人や親の真似をする模倣反射が出てくる頃なので、その反射を利用して、親向けにしつけの方法を学ぶレッスンや探究活動をしても叱らないで能力を高めるノウハウを学ぶレッスンなどがあります。この頃の子どもは、2語文を話す子がいれば全く発語がない子もいて発達にばらつきが出てくるようになります。そのような時でも、幼児教室では他の子どもと比較しないで自分の子どもにだけ集中できるようなノウハウを伝授してくれます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *