広尾の幼児教室で成長させよう
2019年6月15日

1歳から幼児教室に通って親も勉強しよう

1歳から通うことができる幼児教育の中には、心の教育をベースに子どもの能力を可能な限り引き出してくれる教室があります。

この幼児教室では、心の教育をベースにすることによってトータルな人生の幸せを目指すことを目的としています。子どもが一番最初に出会う教師は親です。したがって親がしっかりとした教育方針を持っていないと、子どもが困惑してしまう場合もあります。1歳児でも通うことができる幼児教室では、このことを大切に考え、親が育児の勉強をできるような体制を整えています。

3歳までの子どもはまだ「人」とは呼べない存在なのではないでしょうか。そのような時期に親がさまざまな育児の知識を身につけ、正しい子育てを行うことは有効であるといえます。赤ちゃんの頭の中では、大人の目には見えない成長が起きているので、1歳から幼児教室に通うことが最適です。人間の脳は3歳までに80%が完成してしまうと言われているので、3歳から教育を行っても遅いといえます。

言葉を話す能力や気持ちをコントロールする能力もこの時期に形成されてしまうので、早くから教育を行うようにしましょう。この3歳までの3年間をいかに過ごすかによって、それ以降の教育が効果を発揮できるかどうかが決まってしまうのです。3歳までの3年間で大切なことは、母と子のアタッチメントをしっかりと形成することです。アタッチメントとは愛着と訳されることがありますが、これがしっかり形成されていないと人格に大きな欠陥が残る可能性があります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *