広尾の幼児教室で成長させよう
2019年6月6日

1歳から幼児教室に通う方が経済的です

子どもが小学生になってから教育費をかけるより、0~3歳の時に幼児教室に通う方が経済的であるということを知っているでしょうか。

本当はあってはならないことですが、家庭の所得の高さと子どもの学力の高さは明らかな相関関係があると言われています。教育の研究を行っている学会でも、子どもの学力と家庭の所得が比例しているという結果を出しています。なぜ家庭の所得が高いと子どもの学力も高くなるかというと、教育にお金をかけることができるからです。

高所得者が子どもの教育費をかけることによって学力差が広がり、教育をかけてもらった子どもが大人になって高い収入を得ることによって、上位層と下位層の二極化がさらに進むことになります。このように日本でもアメリカと同様に、所得の高さと学力の高さが二極化している傾向です。このようなことから、子どもの将来を考えるのであれば教育に力を入れることが重要になります。

しかしそんなに所得が高くなく、あまり教育費をかけられないなら、1歳の頃から幼児教室に通うのが最適です。1歳の頃から幼児教室に通うと聞くと、お金に余裕がある家庭だけが行っているように感じますが、実は3歳までが脳にとって重要な時期なので、この頃に教育費をかける方が経済的なのです。1歳からしっかり教育してくれる幼児教室に通って、様々な能力を伸ばすことができれば、小学生や中学生になって授業料の高い塾に通わせる必要がなくなるかもしれないからです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *