広尾の幼児教室で成長させよう
2019年4月30日

幼児教室で0歳児が学ぶこと

0歳と言えば、まだまだ生まれて間もない赤ちゃんの時代。

早期教育が盛んな近年とはいえ、0歳から幼児教室などに通うのはあまりにも早いと思う人も少なくないでしょう。0歳から3歳ぐらいまでの未就学児の成長は目覚ましく、昨日できなかったことが今日できるようになっていたりすることも少なくありません。また、この年齢の子どもの脳はスポンジのように様々なことを吸収します。この時期の子どもたちの知的好奇心を満たしてあげることの重要性は言うまでもありません。

いつから幼児教室や何か習い事を始めれば良いのかというのは、子ども次第というしかありません。抵抗なく新しい環境を楽しめる子どももいれば、それをストレスに感じてしまう子どももいることでしょう。子どもの早期教育で気を付けなければならないのは、親の希望を通してしまうことです。あくまでも子どもの気持ちを尊重してあげましょう。このくらいの年齢の子どもたちに一番大切なことは、楽しんで何かに取り組むという姿勢です。

幼児教室も、例えば0歳児を対象にしたレッスンでは、何よりも親子の絆を深めることを目的としています。手遊びや歌を歌うなど、親と一緒に楽しいことをすることによって、子どもたちは自分が愛されているということを自覚していきます。赤ちゃんの教育で大切なのは五感を刺激するということです。遊びを通じてモノに触れたり親とスキンシップをはかることで色々なことを学んでいるのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *